活用事例
Case Study
【環境IoT事例】土壌水分計測システム
土壌水分計測システムイメージ
土壌水分計とIoTクラウドシステムを組み合わせた土壌水分計測システムです。 ソーラー電源(オプション)での運用が可能で、電源ケーブルや通信ケーブルの敷設工事の必要がなく、設置が容易です。 遠隔操作機能が実装された本格的なIoTシステムを基盤としていることから、データ収集だけでなく、取得データをトリガーとした各種アクションを利活用することが可能です。
土壌水分計測システム構成図
WEBアプリケーション
機器構成
1.土壌水分計 
2.センサ制御デバイス 
3.コントローラー 
4.ルーター         SIMカードを含む
※ クライアント端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ コントローラー、ルーター(SIMカード)は貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ 継続的に水分量をモニタリングし、蓄積データに基づいた予測や計画を策定することが可能になります。

■ 常時監視により異常発生の初期段階で検知し、必要な措置を速やかに講じることが可能になります。

■ 雨量計、温湿度計、警報装置を併用することで、異常降雨時対策として警報システムを構築することが可能です。

価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
関連する製品カタログ
水質監視/廃棄物処分場
水質監視/工場排水
水質監視/多項目水質計測
水質監視/pH計測
水質監視/流量・温度

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら