活用事例
Case Study
【建設IoT事例】建設業界向けデジタルサイネージ
建設現場サイネージ
建設現場をICT化するデジタルサイネージソリューションです。
大型ディスプレイを仮囲い等に設置し、現場作業員における情報共有、近隣住民様への情報開示を実現します。
現場環境をモニタリングし、労務管理の適正化を図り、働き方改革を推進します。
デジタルサイネージシステム構成図
機器構成
1.ディスプレイ        防塵防水 強化ガラス 購入/レンタルあり
2.サイネージ制御ユニット 
3.環境データ集積装置 
4.コントローラー 
5.ルーター          SIMカードを含む
6.環境センサ         現場ニーズに応じて実装
※ クライアント端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ コントローラー、ルーター(SIMカード)は貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ システムのクラウド化により管理本部での集中管理が実現でき、現場監督が行っているデータの収集・管理・報告の作業負担を大幅に軽減することができます。

■ 日々情報を更新し共有することで現場作業員の注意や意識の向上を促し、現場を活性化することができます。

■ 労働環境に関する客観的・継続的なデータを記録することで労務管理の適正化を図り、働き方改革を推進することができます。

■ 近隣住民とのトラブルを回避するためには、「事前のお知らせ」と「こまめなコミュニケーション」が必要です。視認性の高いデジタルサイネージを活用して積極的にコミュニケーションを図ることでトラブル発生を予防することが可能となります。

価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
関連する製品カタログ
建設現場サイネージ

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら