活用事例
Case Study
【ものづくりIoT事例】結露リスク監視システム
結露リスク監視
鉄鋼業・製紙業などの製造業や、さまざまな商品を保管する倉庫業においては、気温・湿度の変化による結露によって錆・カビ・水濡れといった被害が発生するリスクがあります。 周囲環境の気温・湿度から露点温度を算出し、監視対象物(製品、壁、天井など)の表面温度との差をモニタリングすることで結露リスクを判定し、リスクレベル(注意/対策/警報)に応じて表示灯やメールにて通知することで換気や保管品の移動など迅速な対応を促します。 オプションとして、対策機器への外部接点出力により、送風機等を自動制御することも可能です。 ※ 露点温度・・周辺環境における温度と相対湿度から算出される、対象物(製品・壁・天井など)に結露が発生する温度
結露リスク監視システム構成図
機器構成
1.露点計+表面温度計+送信機 
2.中央制御ユニット+電源操作ユニット+受信機   
3.ルーター :SIMを含む
4.表示灯+制御器 
5.送風機 :オプション
※ クライアント端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ ルーター(SIMカード)は貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ 結露リスクを自動的に判定し、リスクレベル(注意/対策/警報)に応じて表示灯やメールにて通知することで適切な換気や保管品移動など迅速な対応が可能になります。

■ 長期的にデータを収集することで、結露の発生しやすい場所・時間帯や効果的な対策を分析することが可能になります。

■ ネットワーク経由でリモート監視することができ、データの管理など現場の負担を軽減することが可能です。

価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
関連する製品カタログ
結露リスク監視
地下水常時監視
水質管理/濁度
水質監視/廃棄物処分場
水質監視/工場排水
水質監視/多項目水質計測
水質監視/pH計測
水質監視/流量・温度