活用事例
Case Study
【現場IoT】ダム・河川水位監視システムの概要
ダム河川水位監視
電波式水位レベル計とIoTクラウドシステムを組み合わせたダム・河川水位監視システムです。 ダム・河川の水位をリアルタイムに遠隔監視することができます。取得データは防災減災対策やダム式発電の効率化に役立てることが可能です。 ソーラー電源(オプション)での運用が可能で、電源ケーブルや通信ケーブルの敷設工事の必要がなく、設置が容易です。 遠隔操作機能が実装された本格的なIoTシステムを基盤としていることから、データ収集だけでなく、取得データをトリガーとした各種アクションを利活用することが可能です。
ダム・河川水位監視システム構成図
WEBアプリケーション
機器構成
1.電波式水位レベル計 
2.センサー制御デバイス 
3.コントローラー 
4.ルーター SIMを含む
5.ソーラー電源ユニット オプション
6.警報装置(回転灯、サイレン) カスタマイズ対応
※ クライアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ センサー制御デバイス、コントローラー、ルーターは貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
◎導入・運用コストの低価格化により、今まで設置を諦めていた二級河川にも設置ができるようになり、また、地方自治体の防災情報システムとの連携によって、地域防災対策の強化が図れます。

■河川における防災・減災対策
■工事現場における安全対策
■工事現場周辺の環境調査および補償業務
■水力発電の効率化
■公共公益空間の開発における事前環境調査
■宅地・工業団地・流通団地開発における事前環境調査
■リゾート開発における事前環境調査

【特長】
■電波式による高精度な測定を実現
■狭小空間での測定を実現
■イベントアクション
■拡張性
価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
関連する製品カタログ
ダム・河川水位監視
総合気象観測
傾斜計測
騒音振動計測

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら