活用事例
Case Study
【現場IoT】傾斜計測(地滑り検知)システムの概要
傾斜計測
傾斜センサーとIoTシステムを組み合わせたクラウド型の傾斜計測(地滑り検知)システムです。 地表や構造物の傾きを常時モニタリングし、地すべり、地盤崩落、土石流などの発生を検知します。 計測データは、クライアント端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)にてリアルタイムに閲覧・管理することができ、斜面の大規模崩壊の予兆を検知して二次災害の発生防止に役立てることができます。 遠隔操作機能が実装された本格的なIoTシステムを基盤としていることから、データ収集だけでなく、取得データをトリガーとした各種アクションをカスタマイズで実装することが可能です。
傾斜計測システム構成図
WEBアプリケーション
機器構成
1.傾斜計(地中・埋設用/構造物用) 
2.センサー制御デバイス 
3.コントローラー 
4.ルーター SIMを含む
5.ソーラー電源ユニット 
6.情報カメラ オプション
7.衝撃検知センサー(落石検知用) オプション
8.水検知センサー(異常出水検知用) オプション
※ クライアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ センサー制御デバイス、コントローラー、ルーターは貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
※ 衝撃検知センサーは、仮設防護柵に設置し、落石・小崩落の衝撃時の振動を測定することで、斜面の大規模崩壊の前兆現象検知に役立てることが可能です。
用途/導入メリット
■ 台風・地震等によって土砂災害が発生した場合、地域住民の被害のほか、災害現場で復旧活動に従事する作業員に対する二次災害を防止するための防災情報インフラとして活用する。
■ 社会インフラ更新の効率化の観点から、ダム堤体の法面の変状を早期に発見し、その挙動を常時モニタリングすることにより、法面崩壊による被害・災害を未然に防止する。
■ 砂防工事における作業現場の安全を管理する。
価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
関連する製品カタログ
傾斜計測
騒音振動計測
総合気象観測
ダム・河川水位監視

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら