活用事例
Case Study
【現場IoT】温泉モニタリングシステムの概要
温泉モニタリング
各種センサとIoTシステムを組み合わせたクラウド型の温泉モニタリングシステムです。 温泉水の揚湯量、温度を基本に、電気伝導率などの水質を連続測定することで、温泉資源保護に役立てることができます。また、温度の低下傾向を把握し、温泉供給設備の改修を高効率に実施することにより、燃料・電気使用量およびCO2排出量が削減され、省エネ・コスト削減につながります。 測定データは、クライアント端末(パソコン、スマートフォン、タブレット)にてリアルタイムに閲覧・管理することができ、温泉管理業務の省力化・効率化に役立ちます。 遠隔操作機能が実装された本格的なIoTシステムを基盤としていることから、データ収集だけでなく、取得データをトリガーとした各種機器の操作制御をカスタマイズで実装することが可能です。
温泉モニタリングシステム構成図
WEBアプリケーション
機器構成
1.流量計 
2.温度・水位センサ 
3.水質計 電気伝導率,pHなど
4.電流センサ 
5.センサ制御デバイス 
6.コントローラー 
7.ルーター SIMを含む
※ クライアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ センサー制御デバイス、コントローラー、ルーターは貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ 温泉資源を連続モニタリングすることで、温泉事業者・入浴者等に対する情報提供の充実、温泉行政機関による監視指導の充実を図り、温泉地全体で温泉資源の持続可能な利用を促進することが可能になります。

■ 温度・揚湯量の低下傾向などの現状把握を下に設備更新計画を作成することで、高効率な設備改修を実施することが可能となり、燃料・電気使用量およびCO2排出量の削減につながります。

■ 送湯管を切ってモニタリング装置を設置するなど大がかりな工事を要する場合、多くの施設に導入することは予算上・運営上困難であるところ、本システムは既設施設に影響の少ない方法で簡易に導入できます。

価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
関連する製品カタログ
温泉モニタリング
潅水施肥自動化
陸上養殖管理

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら