活用事例
Case Study
【現場IoT】電力使用量計測システムの概要
電力使用量監視システム
電流センサーとIoTシステムを組み合わせたクラウド型の電力使用量モニタリングシステムです。 電力小売りの全面自由化により価格競争が激化している電力業界においては、ユニークな電力料金メニューやビッグデータを活用した新ビジネスの創出が求められています。 そのため、スマートメーターでは把握しきれない、より詳細な需要家情報の見える化ニーズが高まっています。 本システムは、拡張性の高いIoTシステムを基盤としていることから、需要家のエネルギー消費に関する情報をセンシングするための機能を必要に応じて追加・カスタマイズすることが可能となっており、新サービスの創出を企図する小売電気事業者様、VPP事業者様が実施する事業化調査(フィージビリティ・スタディ)に適しています。
電力使用量計測箇所
電力使用量計測システム
製造業のエネルギー管理の手順
機器構成
1.電流センサ          設備を停止させずに簡単に取り付けられるクランプ式電流センサー
2.センサー制御デバイス 
3.コントローラー 
4.ルーター           SIMを含む
5.無線ユニット         オプション
6.警報装置(回転灯、サイレン) カスタマイズ対応
※ クライアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ センサ制御デバイス、コントローラー、ルーターは貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ 工場ファシリティマネジメントとして、(1)小さな変化を見つけ、(2)その変化(データ)から意味を汲み取り、(3)迅速な対応をするために必要なシステム基盤を構築することが可能に。

■ 人材不足に悩まされている保守・メンテナンスの現場において、「保守要員の現場派遣を最適化したい」「保守要員の人件費や交通費を抑えたい」「故障する前に予防保全したい」などの課題解決が可能に。

■ 工場の生産に伴うあらゆる付帯設備を遠隔から監視・解析・診断することによって異常兆候を早期に発見し原因を推定することで突発事故を未然に防ぎ、高効率な連続安全稼働の実現が可能に。
価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
製品カタログ
工場向け電力使用量計測システム
電力使用量計測システム
電気代削減サービス