活用事例
Case Study
【再エネIoT】地熱発電開発向け温泉モニタリングシステムの概要
地熱発電温泉
各種センサとIoTシステムを組み合わせた遠隔監視型の温泉モニタリングシステムです。 『事業計画策定ガイドライン(地熱発電)2021年4月改定』(資源エネルギー庁)に準拠して、源泉の流量、水位、泉温、pH(水素イオン濃度指数)、EC(電気伝導率)、坑口圧力を連続観測します。 地熱発電開発に係る環境影響の調査として、周辺の温泉資源への影響を長期的にモニタリングする必要があるところ、本システムは低コストで運用することが可能です。 地熱発電が温泉に与える影響に関するデータを収集し、温泉地域との共生を図ることによって地熱発電の導入拡大に貢献します。
地熱発電開発向け温泉モニタリングシステム
地熱発電開発向け温泉モニタリング要件
Web画面
機器構成
1.電流センサ 設備を停止させずに簡単に取り付けられるクランプ式電流センサー
2.水位センサ 
3.温度センサ  
4.pHセンサ SIMを含む
5.ECセンサ オプション
6.圧力センサ オプション
7.制御装置   LTEルーター,センサユニット,エッジサーバ,セキュリティユニット,電源制御ユニット,電源ボックス
※ クライアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ ルーター(SIMカード)、セキュリティユニットは貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ 地熱資源を連続モニタリングすることで地熱発電が温泉に与える影響を科学的に分析できるようになり、地熱発電開発の検討に当たって温泉地域との対話、合意形成の円滑化を図ることが可能になります。

■ 地熱発電の導入拡大に貢献するとともに、温泉事業者に対する情報提供の充実を図ることで温泉地域全体で温泉資源の持続可能な利用を促進することが可能になります。

■ 送湯管を切ってモニタリング装置を設置するなど大がかりな工事を要する場合、多くの源泉に導入することは予算上・運営上困難であるところ、本システムは既設施設に影響の少ない方法で簡易に設置・運用が可能です。
価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
製品カタログ
地熱発電開発向け温泉モニタリングシステム
温泉モニタリングシステム