活用事例
Case Study
【製造業IoT】工場向け電力使用量計測システムの概要
工場向け電力使用量計測システム
電流センサとIoTシステムを組み合わせたクラウド型の電力使用量計測システムです。 工場内の配電設備、空調設備、照明設備、生産設備などの電力使用量を見える化します。 工場建屋ごと、設備ごとの電力使用量データを自動収集することにより、電力使用のパターンや傾向を分析することが可能となります。 遠隔操作機能が実装された本格的なIoTシステムを基盤としていることから、データ収集だけでなく、取得データをトリガーとした各種アクションをカスタマイズで実装することが可能です。
工場向け電力使用量計測システム構成図
WEBアプリケーション
機器構成
1.電流計測装置      計測ユニット、クランプ式電流センサー
2.センサー制御デバイス 
3.コントローラー  
4.ルーター        SIMを含む
※ クライアント端末(PC、スマートフォン、タブレット)は、ユーザー様にてご用意下さい。
※ センサ制御デバイス、コントローラー、ルーターは貸出品です。契約終了後、ご返却頂きます。
用途/導入メリット
■ 生産実績と電力使用量の推移から電力利用のムダを見える化することで、現場作業員の意識の向上を促し、現場改善活動を活性化することができます。

■ 工場の電力使用の現状を把握してピークシフトによる電力料金削減計画の策定に役立てることが可能です。

■ システムのクラウド化によりリモート管理が実現でき、現場責任者が行っているデータの収集・管理・報告の作業負担を大幅に軽減することができます。

■ 後付け可能なクランプ型の電流センサを採用することで、設備を停止させることなく計測を開始することが可能です。

価格
個別に御見積りいたします。
現場の用途に対応したカスタマイズをご希望の場合は、ご相談下さい。
製品カタログ
工場向け電力使用量計測システム
電力使用量計測システム
電気代削減サービス

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら