IoTとは
ABOUT IOT
1.IoTとは/M2Mとは
IoT image1
IoT(Internet of Things)とは、「モノのインターネット」を指し、センサーやデバイスといったモノがインターネットを介してクラウドに接続され、モノを通じて収集されたデータを解析した結果をリアルな世界にフィードバックする仕組みであり、 センサーデータの収集のみならず、データをインタラクティブにやり取りできる「スマート・コネクテッド・プロダクト(Smart Connected Product)」を実現する技術です。

IoTの本質は、①小さな変化を見つけ、②その変化(データ)から意味をくみ取り、③迅速な対応をする、という点にあります。 製品(モノ)を販売して利益を得るビジネスモデルでは、販売後のアフターケアや、製品がどのように利用されているかは重要ではなかったが、スマート・コネクテッド・プロダクトから収集されるデータを解析し 「製品の付加価値をサービスとして提供する(Product as a Service)」というビジネスモデルでは、顧客の成功を積極的に支援し、顧客に製品を使い続けてもらうことが自社ビジネスの成功につながります。

M2M(Machine to Machine)とは、個別に稼働している機器同士をネットワークでつなぎ、人が操作することなく、機器間で情報を収集したり機器を作動させたりするシステムを意味します。

IoTとM2Mの違いは、IoTがインターネットの特性であるOPEN性を活かすことを指向するものであるのに対して、M2M は必ずしもOPENであることを必須条件とせず、むしろCLOSEDな環境で活用されている点にあります。
2.なぜ今、IoT が注目されているのか?
IoT image2
IoTとは、センサーデータの収集だけでなく、インターネットを利用して各種デバイス(機器、機械等)の遠隔操作を容易化する技術です。 以前から「専用線」「IP-VPN 」「広域イーサネット 」「インターネットVPN 」を使い、操作対象場所にサーバーなどを設置すればIoTと同等なことは実現可能ではありましたが、高額な費用がかかり、中堅・中小企業が手を出せるものではありませんでした。 現在、インターネット技術が成熟し、無線ネットワークの普及と通信費の低価格化が進んだことと相まって、IoTは、低コストで最新テクノロジーの利用を可能とする点で、中堅・中小企業にとっても大きなビジネスチャンスを生み出しています。

もっとも、IoTシステムを開発するには、ハードウェア、ソフトウェア、インターネットすべての知見が必要であるところ、わが国では、ハードウェア、ソフトウェア、インターネットをトータルに理解しシステム全体を最適化できる技術者は極めて少なく、 IoTシステムを内製化できる企業が限られているのが実情と言えます。
3.IoTは第三次産業革命の集大成
産業革命は、歴史上、コミュニケーション手段/エネルギー源/輸送手段という3つのインフラにおいて革新的なテクノロジーが導入され、相互に影響し合い実現されてきました。

第一次産業革命においては、石炭を燃料とする蒸気印刷機が発明され、蒸気機関車による鉄道輸送と相まって、遠隔地間での迅速な商取引を可能にしました。

第二次産業革命においては、石油を燃料とする自動車が発明され、全国的な道路網の建設により郊外型の商業開発や宅地開発が進み、それに伴い電気インフラと電話網が広がりました。

現在進行中の第三次産業革命においては、コミュニケーション手段としてのインターネット通信は成熟期を迎えており、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーも電力採取テクノロジーの指数関数的な発展によって普及期を迎えており、輸送手段については、GPSを搭載した自動運転車やドローン技術の活用が研究されています。これら3つのインフラはデジタル化され、IoTプラットフォーム上で統合されることによって社会の動向に関する膨大なデータが収集可能となります。このビッグデータを高度な分析手法で処理することで、自動化システムや予測用アプリケーションが開発され、効率性・生産性が劇的に向上した質の高い生活を享受できる新しい社会システムを実現しうると考えられています。
IoT image3
4.IoT/M2Mの市場規模
IoT/M2Mを可能にしたのは、モノの状態をデータ化する「ICタグ」や「センサー」の進化・普及と、「ICタグ」「センサー」と「無線通信技術」との結合です。
IoT/M2Mの対象となる機器は、日本国内だけでも10億個あると想定されています。
全世界では、すでに2015年に250億のデバイスがネットワークに接続されており、2020年までにはIoT/M2Mデバイスの数は500億台に達すると予想されています。これは地球上の人間1人に対してデバイスが4台という計算になります。
そして、IoT/M2Mソリューションの市場規模は、2020年には60億ドルに、2025年には13兆ドルに達すると予想されています。
5.IoT/M2Mの可能性
センサーデバイス/コントロールデバイス/通信コストの低下により様々な分野で遠隔監視や遠隔制御、遠隔操作が行われることが考えられます。
そして、センシングデータやコントロールデータがネットワークの中を飛び交い、それがビッグデータとして共有されるようになれば新たな付加価値を生むことが期待されます。

今後、デバイスが生み出したビッグデータはAI(人工知能)によって解析され、デバイスの故障予測の自動化等が可能となることから、企業(メーカー)は保守サービスをサブスクリプション形式で提供できるようになります。 販売したら終わりというこれまでの顧客との関係が変わり、アフターサービスを収益の柱にできるようになります。 これが「Product as a Service」「 Hardware as a Service」と呼ばれるものです。

このように、まず企業においてIoT/M2Mソリューションの導入が進み、次に政府・公共機関、最後にコンシューマに波及するものと予想されます。

IoT/M2Mアプリケーションとしては、下記のようなものが考えられます。
【気象情報】 気象計を数キロ単位のメッシュ状に設置し、狭域防災情報サービスを提供する
【保守・メンテナンス】 設備を遠隔監視し異常兆候を発見することで突発事故を未然に防止する
【スマートロック】 遠隔による開閉や期限付きキーにより、民泊や不動産内覧など
【スマートホーム】 電力監視、家電操作、在宅確認、セキュリティ、室内環境管理
【ホームセキュリティ】 不審者検知通報システム(鉢合わせ防止)
【見守り】 独居高齢者の異常検知通報システム
【マーケティング】 店舗内の顧客動線分析、デジタルサイネージ、O2Oサービス
【移動体資産の現在地把握】 空港、商業施設、病院、工場、倉庫における移動体の位置情報取得
【移動体資産の状態把握】 輸送用コンテナ内の温湿度管理
【農業】 温度・湿度・光量・CO2濃度などを制御したスマートアグリ(農業クラウド)
【介護】 転倒防止、入居者の健康情報管理、機器の利用状況管理、訪問介護支援
【エネルギー】 太陽光発電のモニタリングと制御など
【人工構造物】 経年劣化による事故防止状(監視)、騒音・振動データの収集
【その他】 フィールド作業支援、ドライバーの労務管理、消耗品残量管理など
お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail 構築のご相談はこちら