総合気象観測システム
M2MSTREAM WEATHER MONITORING
システムの概要
総合気象観測システムイメージ
複数の気象センサーとIoTクラウドシステムを組み合わせた総合気象観測システムです。ソーラー電源(オプション)での運用が可能で、電源ケーブルや通信ケーブルの敷設工事の必要がなく、設置が容易です。遠隔操作機能が実装された本格的なIoTシステムを基盤としていることから、データ収集だけでなく、取得データをトリガーとした各種アクションを利活用することが可能です。
総合気象観測システム構成図
WEBアプリケーション
機器構成
気象観測装置 風向・風速・雨量・気圧・気温・湿度を測定するセンサー類で構成する観測セット
デバイスコントローラー(DC) ACアダプター(DC5V)
インターネットルーター SIMカード
ソーラー電源ユニット ソーラーパネル、蓄電池
価格・納期
詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら