信号灯検知システム
M2MSTREAM PRODUCTION MONITORING
システムの概要
信号灯検知
生産設備の遠隔監視を簡単に実現。既設の積層信号灯(パトランプ)に光センサーを取り付け、点灯・消灯・点滅の状態が変化した時にクラウドにデータを送ります。 クライアント端末(PC、スマホ、タブレット端末)でランプの状態変化をリアルタイムに表示・閲覧することができ、それぞれの状態変化に応じてアクション(メール送信)を実行します。
工場・資材監視システム構成図
WEBアプリケーション
機能一覧
M2MSTREAM PRODUCTION MONITOR
センサー 光検知センサー
WEB表示項目 信号灯状態(点灯・点滅・消灯のリアルタイム表示)
履歴データ CSV形式のファイルをダウンロード
イベント 信号灯の状態変化(点灯・点滅・消灯)
アクション 登録したメールアドレスにメール送信
※オプションでスマホへのプッシュ通知や警告灯の点灯などが可能です。
ご利用用途
生産ライン
生産ライン
生産ラインでの信号灯監視や生産数の確認、温湿度の状況監視などができます。
製造ライン
製造ライン
製造ラインでの信号灯監視や機械の稼働状況確認などができます。
検査工程
検査工程
検査工程での検品数の確認や不合格品の確認ができます。
梱包工程
梱包工程
梱包工程での重量確認や出荷数の確認、不合格品の確認ができます。
カスタマイズ
電光掲示板にラインの状態を表示したりブザーを鳴らしたりすることもできます。
その他にもご要望がございましたら詳しくは下記よりお問い合わせください。

お問い合わせ
M2MSTREAMの機能詳細や、IoTシステム構築に関するご要望などがございましたらお気軽にご相談ください。
mail ご相談はこちら